スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- comment:0 trackback:0
継ぐ電車
「阪急電車」 有川浩



恋の始まり、別れの兆し、そして途中下車…。
8駅から成る、片道わずか15分間の阪急電鉄今津線で、
駅ごとに乗り降りする乗客の物語。
人生の決定的な瞬間が鮮やかに描かれた傑作。

************************************

今年1月に刊行されたばかりの本です。
めざましテレビで取り上げられていて驚いたことを覚えています。
そのおかげで出版されたことを知ったわけで。
ありがとう軽部さん。


本作の舞台は宝塚市の宝塚駅から西宮市の西宮北口駅までを結ぶ阪急今津線。
人生で2度しか兵庫県に行ったことのない私にとっては初耳な路線です。
読んでみて、そう簡単には行けませんが利用したくなっちゃいましたよ。

片道15分。
往復各駅でのお話。

普段電車に揺られている時イコール読書時間な私ですが、
目線を上げて他の乗客の方々を観察したくなるような
乗客の皆さんの存在を改めて感じられる、意識して感じたくなる気分になりました。

甘い恋愛もありましたが、別れもあって、
乗客同士のやり取りからきっかげが生まれて一歩踏み出す人もいて。
ほんの数分間だけど、そんな出会いが生まれるっていいなぁ。

乗客同士の話の繫げ方も無理がなく交差していますし、読後感は良好です。
本のコト。 comment:0 trackback:0
スポンサーサイト
- comment:0 trackback:0
comment
send




http://pom-e-grenate.jugem.jp/trackback/285
trackback
comments
trackback
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
profile