スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- comment:0 trackback:0
いつか、なれるように
「名前探しの放課後」(上) 辻村深月



「今から、俺たちの学年の生徒が一人、死ぬ。―自殺、するんだ」
「誰が、自殺なんて」
「それが―きちんと覚えてないんだ。自殺の詳細」
不可思議なタイムスリップで三ヵ月先から戻された依田いつかは、これから起こる“誰か”の自殺を止めるため、同級生の坂崎あすならと“放課後の名前探し”をはじめる―青春ミステリの金字塔。

*************************************

昨年末に刊行されたばかりの本、のようです。
「自殺」というキーワードで一瞬「冷たい校舎の時は止まる」を連想してしまいました。
「自殺者」がわからない状態で誰かが「自殺する(した)」という事実だけが先行しているところは同じです。

今回はそれを主要人物の1人がタイムスリップしたかのように三ヵ月後の記憶としてもっていて、周りはそれを信じて(人によっては取引をして)自殺を阻止する為にそれらしき人物を、名前探しを始めるわけです。

うーん、まだ上巻だけだからかもしれませんが、今まで読んだお話のように引き込まれる感覚は少ないかも。
サクサク読めることは変わらないんですけどね。

ちなみに今回は各章名が児童文学(童話?)のタイトルとなっています。
(上)は「秘密の花園」「裸の王さま」「オオカミ少年」「エーミールと探偵たち」「星の王子さま」「みにくいアヒルの子」。
それが話の内容ともリンクしているんです。
この方は毎回タイトルも凝りますなぁ。すごい。


さて、次は下巻です。
彼らは目星というか該当者を1名探し出していますが、その人が自殺した人なのかどうかは微妙ですね…。
著者の場合、このままこの方が自殺者だ、とはならない気がします。
本のコト。 comment:0 trackback:0
スポンサーサイト
- comment:0 trackback:0
comment
send




http://pom-e-grenate.jugem.jp/trackback/279
trackback
comments
trackback
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>