スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- comment:0 trackback:0
お久しぶりです。
久々にお邪魔します。
ええと、新しいブログ作ってしまいました。

それというのも、IDとパスワード忘れてしまったのです…。
で、まあいいか!また作れば!と思っちゃいまして。

ID通知とか、パスワード再設定とか、そんなサービスすっかりさっぱり忘れてしまっていたのです。
で、作ってしまった後にそんな機能を思い出した次第です。
(なので当初は新ブログ告知をコメント欄でしてしまおうと考えておりました)

しかも!
自分、JUGEMさんでお世話になっていたことをこれまたすっかりさっぱり忘れていて、
新ブログをFC2さんで作ってしまいました。
使い始めてやっと、「あれ、メニューとか変わった…?」と思ったくらいです。

馬に鹿ですな…。
ほんっと、ア、ホ。

ということで、一応ここにも新ブログURLのっけときます。
まだいらっしゃる方がおりましたら、ご覧になってくださいまし。


URL http://greencetus.blog14.fc2.com/


ああ、年内に書けてよかった…。

わー。 comment:2 trackback:77
道草の原因
わー!!
やったー!

私の最寄り駅の駅ビル(?)がリニューアルしたのです。
それでですね、前よりファッションも雑貨も増えているようなんですけど、それよりも何よりも…
サーティーワン!!

はいりましたー!
やった♪
しかも他にもスイーツ店舗が!

ちょうど駅改札の階まで行くエスカレーターを利用すると途中で目の前通るんです。
わーい、これからいつでも買えます☆
早くトリプルの季節にならないかなぁ…。
わー。 comment:0 trackback:3
WORD OF MOUTH
「噂」 荻原浩



事件は一件落着、平穏な日常が戻ってお話もラストを迎える、のかと思っていたんですけど。
ラストで少し暗鬱とした気分にさせられました。
まさかの展開で驚いたのは事実ですが…。


『レインマンが出没して、女のコの足首を切っちゃうんだ。
でもね、ミリエルをつけてると狙われないんだって。』

新製品の香水(ミリエル)を売り出す為にとられたのは口コミの戦略。
渋谷の女子高生をモニターとして集め、伝えられた虚構は噂となり
結果、製品の売り上げは目標を大きく上回ることになるわけですが、
フィクションであったはずの噂「レインマン」を彷彿とさせる事件が起きて…。


もう何よりも…
最後の一行ね。

きもさぶ、どころじゃないですよ!
前のシーンで和んでしまっていたので、そこからの転換具合がまた激しくて。
読み終わった後に思わずいや〜な「その後」を想像してしまいました。



ちなみに。
本書内で登場している某有名ハンバーガーチェーン店のWOM。
私は本気で信じておりました…。
その所為もあってか、某店のハンバーガーデビューは近年です。
(他のメニューは食べたことがありましたけど。シェイクとかね。)
本のコト。 comment:0 trackback:0
先輩のはずが。
Fちゃんと御飯食べて来ましたー。
今年から東京で社会人としてスタート切ったFさん。
既に私より社会人っぽいのは気のせいでしょうか。
うん、気のせいだ。

まあ昔から大人っぽいフ○リさんですけど、さすがです。
足元が面白いことになってました。
勉強になります。


さて、今回は2人の住まいの間にある某駅にて御飯食べてきたわけですが。
意外と住んでいるところ結構近いんですよねぇ。
県は違うんですけどね。


今年はFさんと甘味処へ行けるかも!
今の私の周りにはあまり甘いもの好きな人がいないのです。
やっぱり美味しいものは1人で食べるより一緒に食べる人がいた方がより美味しいものですからね。

フ○リちゃん誘おうっと。
わー。 comment:0 trackback:0
冗談?
「頭がよくなるユダヤ人ジョーク集」 鳥賀陽正弘




新人君がこんな本を持っておりました。
ノリで借りてしまいました。

新書なんて、久々です…。

うーん…。
うううーん…。
本のコト。 comment:0 trackback:0
チョコレートケーキ
「スロウハイツの神様」上 辻村深月



下巻が借りられていたので上巻だけを借りてきました。
ああ、後悔。
最後の最後で気になる流れに持っていかれて上巻エンド。

えー。
下巻、早く借りれないかなぁ。

本のコト。 comment:0 trackback:0
俄カメラマン
行って来ました研修に。
そして
会ってきました大仏様。



日本一の大きさだそうです。
これでお姿拝見するのは二度目です。

ロープウェイに乗って、それから階段上ったり下ったり。
全く運動していない不健康な生活を送っているので、正直皆さんに遅れをとるのではと
危ぶんでいましたが、いらぬ心配だったようです。
意外といけました。
わりと平気なものでした。

今回の研修、昨年同様登山(散策?)が日程の半分を占めます。
あとは前日に半日講義を聴いただけ。
ら、楽だ…。

私はただ同行することだけが役目だったのですることが無かったんですが、
ちょうどデジカメ持ってきていたので撮影係を拝命。
学生時代にいらっしゃったアルバム用にと何かと行事に同行するカメラマンさんの
ような気分になりました。

仕事があって何よりですよ。
気分は記録係ですよ。


メンバーが役員と新人と私、というおかしなことになっていて、研修前には先輩や総務の方等に
「大丈夫?」と心配されてしまいましたが、まあ、なんとかなるものです。
新人の女の子ともいろいろ話せてよかった☆

この研修でわかったことは…新人さんは真面目だということ。
去年の我々は…うん、まあ、比べられませんわな。

ただ残念なのはバウムクーヘン買い忘れたこと。
モンドセレクション金賞〜…。
ヒビ。 comment:0 trackback:0
都会の猫
「先生と僕」 坂木司



大学生になった少し怖がり屋の僕は、ひょんなことからミステリー研究会に入る。
同時に家庭教師のアルバイトを始めるが、その教え子は大のミステリー好きだった。
身の回りで起きるちょっとした事件を二人で解決していくライトミステリー。
先生と僕/消えた歌声/逃げ水のいるプール/額縁の裏/見えない盗品

*************************************

2人の出会いから始まる「先生と僕」は、以前「名探偵の奇跡」にて読みましたが、
その時に思った可愛らしい2人だなぁという印象が本書で益々深まりました。

たまに名探偵というより犯人めいた言動をする中学生さんの賢しいところに驚きつつ、
「僕」のあまりの記憶力の良さに羨みつつ。
この方の世界はやっぱり優しくて(人が死なないという意味だけではないんですけど)、
今回はまた2人の微笑ましさがそれに拍車をかけている感じでした。


話の中では、中学生さんが「僕」に薦める形でいくつかのミステリの名が挙げられています。
「僕」にも読めるような、人が次々と殺されたりしないもの。
読んだことがないものばかりだったので、今度チャレンジしてみたいものです。

乱歩さんとかね。
有名だけど、手をつけたことないんですよね。


例外はひとつ、最後のページ。
微笑んでしまいましたよ。
「六の宮の姫君」、紹介されていた本の中で私が唯一読んだことのあるミステリです。
うん、卒論を扱ってますもんね。
本のコト。 comment:0 trackback:0
新しい風
つ、ついに。
来てしまいました。
新人さん。

先週は社外で研修されていたので全く会うことは無かったんですが、
本日社に戻ってきたのです。
うわ、ドキドキするではないか。

私は週末の新人研修に同行するので、早めに挨拶しておかなーと、
お昼休みに新人さんたちのところへ乗り込んでみたんですけど…。
私がテンパってしまってしどろもどろな挨拶しか出来ませんでした。

む。週末が不安です。
ヒビ。 comment:0 trackback:2
花に戦


行ってきましたお花見!
先週既に満開のお知らせが流れていた都内ですが、なんとか散る前に観れましたよ。

選んだ場所が若者チックではありませんでしたが、マイナーだからこそ人が少なくて
ゆっくり見ていられました。
先週の上野なんて、人がいすぎてぎゅうぎゅうでしたもん…。
桜はキレイなんでしょうけどね。

マイナーとは言ってもおまつりをしていて国際色豊かな出店が出ていたので、
お腹の方も大満足です♪
デザートも食べましたしね。
幸せです♪

で、近くに梅園もあったんですよ。
どんなもんでっしゃろと思って行ってみたんですが、とっくに散った後でした。
そりゃそうですよね…。
でもかなりの数の梅の花が咲き乱れるらしいので、来年はちゃんと見頃に行こう。


お花見の方は、ご一緒した方が用事があったこともあっておやつの時間の頃にはおひらき。
その後私はセールに行ってきました。
久しぶりのサンプルセール!

実は先週も別のセールがあって先輩が招待状頂いていて参戦していましたが、
私は体調不良の為遠慮していたのです。
今回は無事行けてよかった。

いやー、それにしても土日なだけあって人がかなりいました…。
魅力的ですからね、低価格。
4着購入しましたが、諭吉さんまでいきませんでしたもん。
懐に優しいです。

明日の分の会場への再入場券を頂きましたが、さすがに止めておくことにします。
また今度、あるといいなぁ。
わー。 comment:0 trackback:0
comments
trackback
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>